反社会的勢力 ヤンクミが気をつけるべきこと
Fight   Against   Lunatic   Con  / Anti-Social Forces

反社会的勢力 ヤンクミが気をつけるべきこと


【名言集】⇒ヤンクミファンによる名言集

ごくせん ヤンクミこと山口久美子は反社会的勢力か

反社会的勢力 ヤクザ 暴力団 任侠 極悪詐欺師 ヤンクミ

  極道の跡取娘であるヤンクミが型破りな熱血高校教師として活躍する物語。 原作の漫画「ごくせん」では、ヤンクミの実家はヤクザ・黒田一家であるが、 テレビドラマでは任侠集団・大江戸一家とされている。

  wikipediaの記載によると、テレビドラマの第1、第2、第3シリーズ、いずれも原作の極道色は薄められ、 学園ドラマの色合いが濃い。

ヤンクミ名言? 「おまえら、暴力と防衛の違いも解らないのかぁ。 大切なモノを守る防衛と薄汚ねえ暴力をいっしょにすんな!」
目には目を、歯には歯を、暴力には“正当防衛”として暴力で制圧するのがヤンクミ・スタイル。

ごくせんヤンクミ名言集 名言・名セリフ・いい歌詞まとめサイト

ごくせん・公式サイト(日本テレビ)シリーズ3 相関図
シリーズ1 シリーズ2

ごくせん - Wikipedia
ごくせん (テレビドラマ) - Wikipedia
ごくせん THE MOVIE - Wikipedia

自作汁生活 : 記事;「ごくせん」は融資してもらえない
反社会的勢力とその周辺人に関して。(ごくせんのヤンクミとか)



ごくせん ヤンクミが反社会的勢力とみなされない為の注意点

  公認会計士の磯崎哲也氏(磯崎徹也事務所)がブログにて ヤンクミは「反社会的勢力」か? を書かれている。ドラマ「ごくせん」は、ほんの数回、見たことがある程度でよくは知らない。 「ごくせん」とは「極道の先生」の略なのだろうか。

  ヤンクミこと山口久美子は、反社会的勢力とみなされない為には、どのような点に留意すべきかを考察してみたい。 未成年たらざる成人が、身内、親族に反社会的勢力とみなされる者がいた場合に気をつけるべき事柄ということだ。

  磯崎氏も、常識的に考えて「同居」はまずいでしょう、と仮に同居していなかった場合の問題にフォーカスしている。 まあ、(原作漫画では任侠集団ではなく)ヤクザ「大江戸一家」に居住(組長の祖父と同居)という点で、 反社会的勢力判定は黒にかぎりなく近い灰色ということになるのでしょう。



  成人男女の場合であれば、反社会的勢力な身内からは自立、自活して関わりを絶つべし。これが最初の留意点になろう。

  次に、反社会的勢力の借入の窓口(借入名義人)になってはならない。 反社会的勢力への融資には慎重な金融機関がほとんどだが、なかには「融資先は組員本人ではなく、家族だからいい」と 杜撰な融資姿勢の金融機関(三浦藤沢信金)もあった。

  反社会的勢力排除の取り組み方針を、業界団体の雛型を、ろくに吟味もせずに掲げながら、真剣に取り組んでは いない金融機関(信用金庫)は少なくないのかもしれないとは思いたくないが・・・存在するようだ。

  極悪宅建業者は、 東京地裁(事件番号:平成15年(ワ)第22402号)にて、明確に詐欺行為をおこなったと認定されている。 にもかかわらず、江東区亀戸の事務所ビル取得に際して、義父が総代を勤める、 某信用金庫から融資を形跡がある。

  借入のみならず、不動産売買、取得に際しても名義貸しをおこなってはならない。 反社会的勢力にあっては、あの手この手で、不当、不法な行為で得た資金の洗浄(マネーロンダリング)あるいは 資金隠しにやっきになっている。反社会的勢力な親族から、形のうえだけでいいから、不動産の名義人になってくれと 頼まれても、断固、拒否すべき。

  現実には、不当、不法に得た犯罪の対価を、隠蔽する為に、犯罪実行者名義の資産は持たず、家族名義、親族名義に しておくことが、反社会的勢力な極悪詐欺師一家(葛飾のハイエナ一家)にあってはあたりまえのようにおこなわれている。

  仮に、未成年の頃に、きちんとした説明を受けないまま、あるいは不本意に、名義貸しをおこなっていたことを 自覚した場合には、ただちに修正をおこなうべきである。反社会的勢力な親族に名義貸しをしているのであれば、 自ら反社会的勢力の自覚を持つべきである。

  反社会的勢力が、不動産の賃貸、公共施設の借入などおこなう場合、厳しいチェックを受ける惧れがあり、 親族の名義を使う可能性もある。勝手に自分の名義が使われることがないように、充分に注意すべきでろう。

  「ごくせん」の主人公のような熱血教師といえども、例え、生徒の為であろうが、熱に浮かされず、節度を 弁えるべきところは知っておかなければならない。

  貴方の親族に犯罪者、反社会的勢力とみなされる者がいたとしても、貴方自身は犯罪者でも反社会的勢力でもない。 親族にたまたま、犯罪者がでてとしても、それを理由に非難されるいわれはないし、それをもって非難すべきではない。 ただし、ある種の詐欺事件、経済事件にあっては、不法に得た、不当利得の隠蔽に、協力している事案が多いようだ。 葛飾のハイエナ一家などは典型例。



ごくせん ヤンクミが反社会的勢力と同居している場合の懸念



信用金庫による反社会的勢力への杜撰な対応
 ∇ 
暴力団への融資 反対押し切り強行 三浦藤沢信金 辞任の常務
  暴力団関係者らとの長年にわたる取引が判明し、小川善久会長ら役員二人が引責辞任した三浦藤沢信用金庫(本店・横須賀市)。同信金は十六日の記者会見で、暴力団関係者と知りながら、信金内の反対を押し切り、一部経営陣の判断で融資に踏み切った実態を明らかにした。
  同信金によると、融資に主導的な役割を果たしたのは、昨年まで約十年間、審査担当理事を務め、今回辞任した福島正常務理事。

  福島氏は二〇〇〇年ごろ、本部の会議で一度は否決された暴力団関係者への融資について、弁護士の意見を元に「融資先は組員本人ではなく、家族だからいい」などと許可。別の暴力団組員への融資を依頼された職員から対応の相談を受けた際も、福島氏がそのまま融資を認めてしまうケースもあったという。

  理事長時代の小川氏は、こうした取引の存在を知りながら容認。理事長在任中の十数年間、自ら主催する理事会や経営会議では、暴力団関係者との取引を一度も議題に取り上げなかったという。

  会見で平松広司理事長は「経営管理の意識が薄かった。反社会的勢力への融資は、脇の甘さにより増加した」と厳しく指摘した。

  辞任した小川氏は「堅実、まじめがうたい文句の信金なのに、歴代理事長が培った風土を壊し、申し訳ない。もう一度信頼を回復してほしい」と謝罪したというが、大きな負の遺産を残した。 (新開浩)

http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/20100417/CK2010041702000073.html
暴力団は、なぜ潰れないのか
反社会的勢力への対応
コンプライアンスを高らかに唱える、東栄信用金庫の融資先だそうだが・・・
極悪詐欺師の巣窟・ニューウェーブ(江東区亀戸)代表取締役・佐々木忠夫 http://hyena.cjb.net/ 極悪詐欺師、敗訴事例・平成15年(ワ)第22402号、平成16年(ワ)第18890号【損害賠償請求事件、建物賃料等請求事件】 http://bizlaw.jp/search/precedent_detail/81647 極悪詐欺師・撲滅プロジェクト http://falcons.atwebpages.com/hyena/ 「裁判は公開が原則であり、上記判例は東京地裁において閲覧可能。閲覧により、被告甲(主文の被告・サーティースリーエステート)とは株式会社サーティースリーエステートであることがわかる」とのこと。 不動産屋ちゃんねるBBS 極悪宅建業者・撲滅プロジェクト ハトマークの東京都宅建協会 江東区支部 (株)ニューウェーブ 東京都江東区亀戸4-22-3 第3佐々木ビル1F 東京都知事免許(6)第60670号 株式会社ニューウェーブ 代表取締役 佐々木忠夫(東栄信金・総代の宇田川長吉の義理の息子) 取締役 佐々木久子(旧姓・宇田川久子、宇田川長吉の実の娘) 東栄信用金庫 総代 宇田川長吉 葛飾区奥戸6丁目16-1 宇田川長吉


【政府指針】反社会的勢力の定義
暴力、威力詐欺的手法を駆使して経済的利益を追求する集団または個人』
  『暴力、威力と詐欺的手法を駆使して経済的利益を追求する集団または個人(暴力団に資金を提供し、または暴力団から提供を受けた資金を運用した利益を暴力団に還元するなどして、暴力団の資金獲得活動に協力し、または関与する個人やグループ(いわゆる「共生者」)も含む)』

反社会的勢力に対する対応についての参考サイト
犯罪対策閣僚会議
平成22年12月9日 企業活動からの暴力団排除の取組について【本文】[pdf]
平成22年12月9日 企業活動からの暴力団排除の取組について【概要】[pdf]
社会 VS 暴力団 ~社会全体で暴力団を排除しよう~:政府広報オンライン
信用金庫の反社会的勢力への対応


反社会的勢力、極悪詐欺師・葛飾のハイエナ、大いに語る
 ∇ 


ごくせん 主題歌 NO MORE CRY 高音質
Google   

被害者による 反社会的勢力データベース 構築 構想
反社会的勢力のニューウェーブ                   葛飾のハイエナ一家

 top       hayabusa       falcon       catch       hyena 


falcon project